ホーム > 興業ビザ

​在留特別許可

在留特別許可とは?

在留特別許可は、不法滞在者(オーバーステイ)などにより日本を出国または退去強制の対象となる外国人に対し、特別事情を考慮し法務大臣が特別に在留を許可する制度です。

在留特別許可は、必ず認められるわけではなく、家族の状況、素行、日本や本国の情勢、人道的な配慮の必要性、在留を希望する理由などを個別に判断し決定されます。

​この審査は非常に厳しく、人道的な配慮の必要性などの立証が必要です。

​在留特別許可のポイント

○人道的な配慮が認められる

  • 日本人・特別永住者・永住者などと婚姻している場合

  • 日本人の子供を養育している場合

  • 外国人の子供を養育し、子供が日本の学校に通っている場合

  • ​病気などにより日本国内での治療が必要な場合

○出入国在留管理局から摘発されていなくても申請可能

○すでに収監されていても申請可能

○在留特別許可の申請中は働くことはできません