ホーム > 技能ビザ

​技能ビザ

技能ビザとは?

​外国料理の料理人(コック)が代表的ですが、航空機の操縦士、スポーツの指導者、ソムリエなど実務経験の蓄積による熟練した技能が求められる職業のビザ(在留資格)です。

​技能ビザの要件と審査ポイント

1. 実 務 経 験

① 料理人(コック):10年以上の実務経験

  ※タイ料理人については、5年以上の実務経験でも可

② 操縦士     :250時間以上の飛行経験

③ スポーツの指導者:3年以上の実務経験

④ ソムリエ    :5年以上の実務経験および有資格者

⑤ その他、建築技術者、動物調教師等:10年以上の実務経験

​2.日本人と同等以上の報酬

​不当に安い報酬で外国人を雇用することはできません。

同一の業務を行う日本人と同等以上の報酬が必要です。​

​3.勤務先企業の安定性・必要性

雇用先の企業がビザ申請者を「雇用できるだけの十分な仕事量があること」「外国人材の能力が必要であること」を証明する必要があります。