ホーム > 高度専門職ビザ

高度専門職ビザ

高度専門職ビザとは?

高度な知識・スキルにより日本の経済発展に貢献する外国人のための在留資格で、「高度人材」と呼ばれています。

「高度専門職」の在留資格取得要件は、入国管理局が定める高度人材ポイント制度で70ポイント以上を獲得することとなっています。

高度人材ポイント制度は「高度学術研究分野」「高度専門・技術分野」「高度経営・管理分野」の3つの区分に分かれ、学歴・職歴・年収・年齢・その他のポイント項目が用意されています。該当する項目を算定していき70ポイントが取得できれば、高度専門職の在留資格が得られます。

高度専門職ビザの優遇措置

高度専門職ビザを取得すると、次のような優遇措置を受けられます。

  1. 複合的な在留活動が可能(専門の仕事以外の複数の活動が可能!)

  2. 在留期間「5年」の付与

  3. 在留暦に係る永住許可要件の緩和(居住要件1年または3年で永住許可申請可能)

  4. 配偶者の就労(「家族滞在」でも週28時間以上の就労が可能)

  5. 親の帯同が可能(一定の要件が必要)

  6. 家事使用人の帯同が可能(一定の要件が必要)

  7. 入国・在留手続の優先処理

高度専門職ポイント制

高度専門職ビザの取得には、「高度学術研究活動」「高度専門・技術活動」「高度経営・管理活動」それぞれの特性に応じた「学歴」「職歴」「年収」などの項目ごとにポイントを設け,ポイントの合計70点以上になる必要があります。

高度学術研究活動「高度専門職1号(イ)」

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う研究,研究の指導又は教育をする活動

説教を与える牧師
高度専門・技術活動「高度専門職1号(ロ)」

本邦の公私の機関との契約に基づいて行う自然科学又は人文科学の分野に属する知識又は技術を要する業務に従事する活動

顕微鏡
高度経営・管理活動「高度専門職1号(ハ)」

本邦の公私の機関において事業の経営を行い又は管理に従事する活動

ノートパソコンで仕事

​高度専門職外国人材の推移

2018年6月末時点で、高度専門職外国人の累計数は12,945名となっており、今後も増えると予想されています。

001284800.jpg